人気の電力自由化!依頼する業者は比較して決めよう

電気をお得に使おう

電力自由化で電力会社が増えたことによって、電気料金に差が出ています。比較の仕方は、その家庭の使い方によって異なっています。オール電化と、電気とガスを併用している家庭では、選ぶ電力会社が違っているのです。最近では、簡単にシミュレーションできるサイトが増え、お得なプランなどが分かるため参考にできます。

通信会社が積極参入

灯の灯る街

両者にメリットがあります

これまで電力の供給は原則国から認められた事業者が決まった地域に対して発電と送電を請け負ってきました。一部企業向けには指定業者以外が発電・送電することは認められてきましたが、2016年4月に家庭向けの電力自由化がはじまり、電気メーカーや商社や情報通信会社など様々な業者が参入してきました。その中でも最も注目されているのが通信業者の電力自由化に対する取り組みです。従来の電気メーターは月単位でしか使用している電力を確認できなかった電力メーターからリアルタイムで電力使用量が確認できるスマートメーターに切り替わっています。スマートメーターは家電製品と接続することによって何がどれだけ電気を使っているかを調べることもできます。これらの情報をリアルタイムで知るためには、情報通信分野の技術が必要不可欠であることから通信業者の技術力が必要になります。また、通信業者は電力会社と比較して、全国展開した販売網と顧客数を誇ります。電力自由化によって他地域への送電が可能になった電力会社は通信業者と連携することにより、通信技術と営業力を手に入れることができます。また通信業者は太陽光発電事業に参入するなど発電事業にも力を入れているものの電力会社と比較してその発電量は少なく、送電施設も持っていません。電力会社と提携することによって電力と送電を手に入れることができ、通信と電力をセットとして扱うサービスが提供できるようになりました。電力自由化は利用者にとって大きな変革になりますので、料金だけを比較するのではなく、サービス内容をしっかり比較して最も自分に合った業者とサービスを選ぶようにしてください。

比較することが大切

電気設備工事店には規模の大小を含め様々な業者があり、得意な工事や料金が異なります。大規模な電気工事になったときには、複数の業者から見積もりをとって比較するようにしてください。見積もりは細かな金額とアフターフォローについてを中心に見るようにしてください。

電気代の削減

電力自由化により様々な業者が電力小売りに乗り出しており、業者選びを行うことが電気代削減に繋げることになる。業者選びの際には、自分に合ったプランを提供している業者や、付加サービスも併せて業者を選ぶなども必要になる。