人気の電力自由化!依頼する業者は比較して決めよう

比較することが大切

電気工事

見積もりの見方

電気設備工事店には、規模や取り扱いサービスによって様々な存在していて、全ての電気工事がひとつの電気設備工事店が最高ということはありません。例えば通信設備のような弱電工事は得意だけれど、動力電圧のエアコン工事は施工実績があまりないような業者もあります。大手の電気設備工事店であれば、技術者の数が多く、強電から弱電まで全ての工事が可能なことが多いですが、価格が高めで一般電気利用者の小口工事は敬遠されてしまうかもしれません。一方、規模の小さな町の電気設備工事店は、扱える電気工事の種類は限られているかもしれませんが、得意な工事内容であれば確実な工事を格安な料金でやってもらえる可能性があります。そのため、ひとつの業者に最初から決めてしまうのではなく、いくつかの電気設備工事店に見積もりを取って比較するようにしてください。特にオール電化工事のような家の全面的工事を行う場合は、価格差は大きくなるのでしっかりと比較検討してから決めるようにしてください。いくつかの電気設備工事店から見積もりをもらったら、細かな見積もり金額とアフターフォローを第一に確認するようにしてください。リフォーム一式のような見積もりでは比較になりませんので、部材や手間賃を明確に記載してもらうようにしてください。アフターフォローについては、保証期間や定期メンテナンスに関して確認します。アフターフォローは対象外という業者は選択肢から外しても良いでしょう。